CCクリームに日焼け止めは必要?

CCクリームの前に、日焼け止めを塗った方がいいのでしょうか

CCクリームの前に、日焼け止めは塗った方が良いのでしょうか。
CCクリームを使ってみたいのですが、イマイチ使い方が解らなくて困っています。

 

まだ若いので、肌に負担を極力かけないようなメイクをする事を、心がけています。
それで、洗顔のみで落とす事が出来る、肌負担が少なそうなCCクリームに、興味を持ち始めました。
でも、日焼け止めを塗らないと、シミやソバカスが出来てしまいそうで、怖いです。

 

CCクリームの効率的な使い方も、知りたいです。

CCクリームは、日焼け止め配合の物が大半

CCクリームの殆どには、日焼け止め効果が入っているので、別途に日焼け止めを塗る必要はないと言えます。

 

CCクリームの分類は下地機能ですので、下地に必要な紫外線効果はしっかりと配合されております。

 

一般的な外出でしたら、CCクリームに配合されているSPFで十分です。

 

しかし、海や山など、高い紫外線を浴びる場合には紫外線効果は低すぎるので、別途に日焼け止めを付ける必要性があります。
海や山で長時間過ごす場合は、SPF50の日焼け止めを付けてあげましょう。
工程としては、スキンケア→日焼け止め→CCクリームの順番です。

CCクリーム購入の際に知っておきたい事

CCクリームを購入する前に、知っておくべき事をまとめてみました。

 

①CCクリームの美容成分を勘違いしない
CCクリームの美容成分は、スキンケア代わりにはなりません。美容成分配合を勘違いし、スキンケアをせずに、そのままCCクリームを肌に乗せてしまう方がいらっしゃるようですが、それは大きな間違い。CCクリームの前には、所定のスキンケアを済ませるようにしましょう。

 

②海外のCCクリームには注意した方がいいかも
海外のCCクリームは、紫外線効果が低い物があります。日本のCCクリームは、紫外線効果が高めな物が殆どなので、紫外線効果も発揮させたいのであれば、断然日本製の方が良いと言えます。海外のCCクリーム購入の際は、良く調べてから購入すると良いでしょう。

 

③CCクリームの肌の色補正効果を確認
BBクリームの様に、色を乗せて色ムラを目立たなくさせる物と違い、CCクリームは肌を光反射させる事で、肌の色ムラを目立たなくさせる事が出来るクリームです。CCクリームでカバーできない程の色ムラがあるのであれば、完全に隠しきれない事があります。事前にテスターや試供品等でチェックするなど、自分の肌に合っているのかを見極めましょう。

CCクリームは若返りクリームではありません

美容成分配合なのと、CCクリームを塗ると肌が若返った感じがするので、アンチエイジング効果があるクリームと勘違いしている方もいらっしゃるようです。
確かに、アンチエイジング効果があるCCクリーム、とうたっているCCクリームもあります。
しかし、アンチエイジングとうたっていないCCクリームは、アイチエイジング効果は期待出来ないと思うようにしましょう。

 

CCクリームは、肌を綺麗に見せる為の補助クリームのような物です。
アンチエイジング効果は、スキンケアや食生活などで発揮するようにしましょう。

CCクリームが気になる女子はこのページもチェックしています!