CCクリームの塗り方を知りたい!

CCクリームの上手く塗るコツを知りたい

イラスト女性

ナチュラルメイクに出来るという事で、CCクリームを使っています。

でも、上手く塗る事が出来ません。

 

塗りたてはいいのですが。2時間ほど経つと粉をふいたような白っぽい感じになって、肌ムラを起こしてしまいます。
肌全体が綺麗になっているというより、毛穴に入っているだけにも見えて、とてもかっこ悪いです。
より一層毛穴を目立たせている感じで、肌がキレイに見えません。

 

綺麗に仕上げる方法や、仕上がりをキープできる方法は、どんな方法でしょうか。

CCクリームを綺麗に肌上に乗せるポイント

CCクリームを肌に乗せるのは、簡単そうで難しくも思えるかもしれません。
ちょっとしたコツで綺麗に見せる事が出来ます。

 

しっかり保湿させる

肌をしっかり保湿させてからCCクリームを塗らないと、肌の上に均一に上手く乗せる事が出来ません。スキンケアで、しっかり保湿させましょう。

 

両ほおと額を最初に乗せる

やみくもに肌に乗せるのではなく、両ほおと額に最初に乗せましょう。顔の中心から外側へ向けて薄く均一に伸ばしていきます。伸ばし終わったら、両手で頬を包み込むように覆い、しっかりと肌に馴染ませてあげましょう。

 

鼻には、厚く塗らない

鼻は最後に乗せ、手に残ったCCクリームを乗せるようにしましょう。ちょっとの量で、薄く伸ばしてあげる程度でOK。鼻は油分が多いパーツなので、量を多く付けるとヨレやすくなってしまいますので、あくまで手に余った分のみでOKです。

メイクをしない日につけてあげると、UVカットに役立つ

メイクをしない日は、肌にスキンケア程度にし、メイクを何も付けない方がいらっしゃると思います。
スッピンは、肌に休息を与えてあげる為に必要な事です。
しかし、スッピンのまま外出してしまうと、紫外線を吸収させてしまいます。
メラニンを過剰に肌に吸収させてしまいますので、良くありません。

 

スッピンにしたい時は、スキンケアの後にCCクリームを塗ってあげましょう。
スッピン感はあるのに、しっかりと外的刺激から肌を守ってくれます。

首やデコルテにも塗ってあげよう

首やデコルテは、顔と同様に年齢が出てしまうパーツです。
常に見せている部分なので、年齢が出てしまうと老けて見せてしまいます。
本来は、そういうパーツにもケアをしてあげるべきと言えます。

 

CCクリームを軽く薄く塗ってあげると、自然な感じで外的刺激から肌を守ってくれます。

 

薄く塗ってあげるだけで、OK.
色付きが無いので、とても自然で何も付けていないようで、且つ、CCクリームを塗る事で綺麗な首やデコルテに見せる事が出来ます。

CCクリームが気になる女子はこのページもチェックしています!