CCクリームとBBクリームは、どちらが肌に優しいの?

CCクリームとBBクリームは、どちらが肌に優しいの?

20代後半です。

肌に色ムラが目立ってくるようになり、それを隠す為のメイクをしたいと思っています。
リキッド系を使いたいので、CCクリームとBBクリームのどちらかを使ってみようと思っています。
どちらが、肌に負担が少なく優しいですか?

 

肌荒れする事があるので、出来れば肌に負担が少ないメイクをしたいと思っています。
CCクリームもBBクリームも、どちらも凄く魅力的なのですが、より肌負担が少ない方を選びたいなと思っています。

肌負担の少なさはCCクリームの勝利

 

CCクリームとBBクリームの最大の差は、色で肌の色ムラをカバーするのか否か、という対比が1番の違いです。
BBクリームはカラーが配合されており、カラーを肌上に乗せてカラーで肌のアラを隠す方法です。

 

CCクリームにはカラーが配合されていなく、CCクリームを肌に乗せた効果で光を拡散させる事により、肌の色ムラをカムフラージュし、目立たなくさせます。

 

この、カラーが配合されているか否かで、肌への負担は大きく変わります。
メイクに入っているカラーは、合成の物が殆どです。
合成着色は、肌に大きな負担をかけてしまいます。
カラーが入っていない、CCクリームの方が肌に優しいと言えます。

他にもまだある、CCクリームの方が肌に優しい理由

CCクリームの方が肌に優しい理由は、他にも

のびが良い

色素が入っていないせいか、CCクリームの方が伸びが良くて自然に肌に馴染んでくれます。伸びが良いので、肌負担を与えづらいメイクにする事が出来ます。

BBクリームより美容成分配合に力を入れている物が多い

CCクリーム同様、BBクリームにも美容成分は配合の物はありますが、CCクリームのスキンケア感の方が豊富な美容成分をタップリ配合している物が多いので、勝っていると言えるでしょう。

軽く付くので皮膚呼吸をしやすい

皮膚呼吸は肌にとても大切です。BBクリームは色素を含んでいる関係上、肌にしっかり密着するものが多いので、皮膚呼吸がしづらいと言えます。CCクリームの方が肌に軽く乗るので、皮膚呼吸がしやすく、肌に負担をかけづらいと言えるでしょう。

ファンデーションの厚塗りよりCCクリームの方が負担小

BBクリームと比較しても、その肌への負担の少なさは歴然です。
ファンデーションと比較しても、断然CCクリームの勝利と言えるでしょう。

 

肌の色ムラ等を隠したくファンデーションを厚塗りし、結果肌荒れを起こした方は少なくないようです。
そこで、CCクリーム+仕上げパウダーに変えた所、肌荒れが治まってきたという方も結構いらっしゃるようです。
CCクリームメイクが、1番肌に優しいメイクと言えるでしょう。

 

肌荒れが治まってくると、若々しい肌に見せる事が出来るので、女性にとっては嬉しいですよね。

CCクリームが気になる女子はこのページもチェックしています!